読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金儲けを心から推奨!今年はみんなで稼ぐ年にしよう!

 

先日、ある方との会話の中で出て来た話題ですが

 

「庄子さんって、1人であんなに色んなことを

 

 どんどん実現させて言ってすごいですね!」

 

なんて話を頂いたんですが

 

それはたまたまそういう風に見えているだけで、

 

こんな弱点だらけの不器用な男の子に何を言う!って感じです、、、

 

 

ご存知の方も多いと思いますが、

 

僕はフリーランスですけど

 

1人でやっている仕事はほぼありません

 

その大半が誰かとのコラボレーションです

 

まあ、表に見えているかどうかは別にして(笑)

 

 

 僕が1人で全てやっているように見えるのは

 

必ず影で支えてくれている裏方がいるからです

 

逆に僕が裏方に徹していて、

 

僕が関わっていたプロジェクトとは知らなかった!

 

なんて場合も多々あるはずです

 

昨年は特に裏方が多い1年間でした

 

クラウドファンディングのプロデュースなんかは完全に裏方ですしね

 

 

僕は確かに人前で話すことは向いていて、

 

アイディアと表現は得意だと思いますが、

 

僕の実態を知る人は僕がいかにヘタレ人間かは

 

よくわかっていると思います(笑)

 

だから僕はいつも

 

「こんなにダメダメなんだから

 

得意なことくらいは人の役に立たないと!」

 

っていつも思っています

 

誰かさんにはネガティヴ過ぎるとはよく言われますけど💦

 

 

そんな中でちょっとシェアさせていただきたいのが

 

2年前に頼まれたあるボランティア団体の企画で

 

イベントのコーディネートを依頼された時の話です

 

ボランティア団体なので、

 

運営メンバーやスタッフはもちろん全員無給です

 

イベントを開催する中で最も大きな課題となったのが

 

実は【収益をどう出すか?】でした

 

 

 

ボランティアとは言っても打ち合わせをするだけでも

 

会議室を借りるためにお金がかかります

 

イベントを開催するためには

 

人件費が無料だったとしても

 

会場費・装飾品・備品・機材・チラシ印刷etc

 

さまざまな経費がそこに発生します

 

もし、万が一にイベントが赤字開催だった場合に

 

それは誰が責任を取り、誰が支払うのでしょうか?

 

そして、その数十万円単位の負債を誰かが払った時に

 

その団体は翌年も気持ち良く、楽しく、仲良く続けられますでしょうか?

 

だから僕はプロのコンサルタントとして

 

収益について真剣に話し合いに取り組みました

 

入場料を有料にするか、無料にするかはかなり揉めました

 

企業スポンサー、物品販売、寄付のお願い、募金箱の設置

 

 

 結果的にそのイベントは超満員の大成功に終わり、

 

大幅な黒字で終わる事が出来て

 

収益からちょっとみんなに還元出来て

 

楽しく思いっきり打ち上げも出来ました

 

キチンと余裕を持って儲けたからです

 

 

僕はボランティアでも

 

ビジネスであっても

 

キッチリと収益を上げることを大切にしています

 

悲しいかな、現代社会は全てを完全無料でやることは出来ません

 

僕がビジネスパートナーと上手く良い関係が保てるのは

 

収益をキッチリ出して、分配がキチンと出来ているからだと思います

 

もちろん、上手く行かずに赤字に終わってしまい

 

気まずい状態になることもあります

 

ただ、出来る出来ないとは別にして

 

しっかりお金儲けをすることを計画することで

 

お金を分配する約束が成立して

 

みんなで全力で楽しめるのだと思います

 

 

 

あまり好きな言葉ではありませんが

 

お金の切れ目が縁の切れ目という言葉もあります

 

是非ともメンタルブロックを外して

 

みんなで大いに稼ぎしましょう!

 

 

 

この投稿があなたに届きますように

 

うーん、届いて欲しいので共感してくれた人はシェア大歓迎です

 

届きますよーに

 

 

心から応援しています

映画のマトリックスは起業家には必須です

マトリックスはご覧になったことはありますか?

 

僕は結構好きで何回も繰り返し見た記憶があります

 

 

大企業の安定した暮らしをするさなかで

 

裏の顔を持つ主人公になんとなく共感していました

 

そんな中でいきなり真実に飛び込み、

 

混乱しつつも、なんとか状況を理解し

 

適応して行こうとするわけですが

 

 

 これって、起業した直後に凄い似てない?って思いました

 

独立した直後というのは

 

サラリーマンに慣れた人にとってみると

 

あまりに常識の違いに驚く人が多いです

 

ルールが全然違いますから

 

そこに理不尽を感じて苛立つ人も多いです

 

 

 まあ、別の視点から見ると

 

理不尽な収入の貰い方をするわけですから当たり前ですけど(笑)

 

 

そんな中で今回聞いた話に戻すと

 

主人公は情報をインストールして

 

様々な武道や技術を瞬間的にマスターして行きますが

 

そもそも、居る世界が今までと違うので

 

今までの常識に囚われて限界突破が出来ません

 

つまりは心が勝手に限界を決めているのです

 

僕の印象的だったセリフは

 

「つまりはオレも弾を躱せるってこと?」ですが

 

本当は躱すどころか止めたり掴んだりも出来るはずなのに

 

(実際にラストシーンでやってました)

 

あの人がやってるから、あそこまで出来る

 

みたいな決め付けをしているように僕は感じました

 

まあ、今の自分よりは限界突破してますけどね

 

 

 

結論としては人生に限界はないのに

 

それにブレーキをかけているのは

 

いつも自分自身ということです

 

僕はいつもそれを自分に感じています

 

なにせビビリ屋でネガティヴなもんで(笑)

 

でも、それを知っていれば自分の壁を壊す方法は色々見えて来ます

 

 

 そんなことを学べるのがマトリックスかなって思います

 

この機会にもう一回見ようかなぁ〜

 

 

【クレーマーは真のニーズを持っている】&【プレゼントをあげたい人と貰いたい人】

クレーマーは真のニーズを持っている】

 

 

変なものを引き寄せたかも?

 

世界に影響みたいなことを年始に投稿してから

 

色んな出逢いが寄って来ます

 

これって引き寄せの法則

 

 

凄く理不尽な人に出逢ったり

 

凄く理不尽な出来事に出逢ったり

 

凄く理不尽に困っている人に相談されたり

 

ただ、それ以上に引き寄せを感じたのは

 

 

それらの困りごとの奥に見える救いを求める声が見える気がします

 

あ、助け船を出すかどうかは別ですよ(笑)

 

でも

 

「助けて欲しい!」

 

「救って欲しい!」

 

みたいな心の声が見える気がします

 

 

 

怒りっぽい人や困ったちゃんのクレーマー

 

ほとんどが隠されたニーズを持っています

 

僕が昔仕事でクレーム処理が好きだったのは

 

この辺の理由が大きいです

 

 

クレーマーは解決してあげると一気に仲良くなれたりします

 

つまり心の声を出しているだけなんですよね

 

まともに受けるとキツイものがありますが

 

その言葉の裏にある隠された声が見えると

 

とても可哀想な人であることに気が付きます

 

 

あ、だから全ての人を救ってあげましょうって意味じゃないので

 

誤解しないでくださいね(笑)

 

そういうことを理解して話をすると

 

理不尽な人も理不尽ではなくなります

 

理が有る人になりますからね

 

 

昔、僕に営業を教えてくれた上司が言っていました

 

「その人の言葉ではなく、心の声を聴け!」

 

難しい場合も多いんですけど、

 

理不尽さに触れて苦しい時は心の助けになると信じています

 

 

さて、今日の僕にはどんな使命があるのかな?

 

 

応援しています

 

************************************************

 

【プレゼントをあげたい人と貰いたい人】

 

年末年始に【恋ダンスを私も踊りたい!】

 

と言うお声を多々頂いております(笑)

 

僕がクリスマスに踊った恋ダンスが相当楽しそうに見えたみたいです

 

 

楽しいことは素晴らしいです

 

やってみようという行動力も素晴らしい

 

ですので、やってみたいという方を

 

僕は全力で応援したいと思います

 

 

 

しかし、やってみたいと言って来る方の中には

 

”2種類”のタイプの人がいることに気がつきました

 

簡単に言うと

 

【みんなで楽しみたい人】と

 

【自分が楽しみたい人】です

 

 

話を詳しく聞いていると色んなものが見えて来ます

 

例えば

 

「最終的にこうなったら楽しいよね〜」みたいな

 

ゴールがみんなそれぞれ違うんですよね

 

僕は自分のゴールがあって

 

自分の想像通りの結果を得ましたが

 

恋ダンスをすることは同じでも

 

僕と同じ目的とは限らないんだなぁ〜

 

と、強く気付かされました

 

 

僕は今年も色んな方のビジネスを

 

プロデュースしていきますが

 

「最終的にどういう風になったら最高なのか?」

 

というのをキチンと聞いてやりたいなって思いました

 

 

「大成功したのになんか違う、、、」

 

なんて悲しいですからね

 

応援しています

「人生は大人になってからが青春だ!」&「僕は普通になりたい」

「人生は大人になってからが青春だ!」

 

そんなことをつくづく感じる今日この頃です

 

 

年始の話ですが、

 

「興味があるなら一緒に行く?」

 

「行く!行く!行きます〜」

 

お世話になっている社長さんに誘われて

 

人生初の登山で初日の出を見て来ました

 

 

以前から山の上で飲みコーヒーが

 

最高に美味いと聞いてましたので、

 

前から興味はあったんですが

 

日の出を見ながらの山コーヒーはまた別格でしたよ

 

 

子供の頃は

 

「大人になんかなりたくない!

 

ずっと子供のままで居たい!」

 

なんて"真剣に"思っていましたけど

 

今思うと、どうしてそんなことを思ったのか不思議です

 

なにかと制限が多かった僕

 

身体が弱くて体育は見学ばかりだったので

 

まさか大人になってから登山やマラソンを

 

出来るようになるとは誰も想像出来なかったでしょう

 

 

最近は豪華客船に乗ったり、

 

ヨーロッパをひとり旅したり、

 

沖縄を1ヶ月間自転車旅行したり、

 

パラグライダー、フライボード、バンジージャンプ

 

本当に好き放題やってるなぁ〜って思います

 

なにより大好きな仕事を思いっきりやってます‼

 

 

僕はさまざまな夢を大人になってから叶えています

 

だから過去に戻りたいなんて全く思いません

 

だって大人の方が楽しいもん!

 

そういう意味では遅咲きな人生なのかもしれない

 

青春真っ盛りの僕ですが、

 

今年も最高の一年になりそうだと

 

幸先の良いスタートを切って思いました

 

 

 

 

************************************************

 

「僕は普通になりたい」子供の頃に何度それを願っただろうか

 

どうして僕にはお父さんがいないのだろう

 

どうして僕の家ではお母さんが帰りを待っていてくれないのだろう

 

どうして僕の身体はこんなに病弱なんだろう

 

どうして僕の家は貧乏なんだろう

 

どうして僕は学校でバイキンって呼ばれるんだろう

 

「僕は日本一不幸な少年なんだぁ〜」と、

 

のび太くんばりの不幸にひたっていました

 

 

でも、今思うのは僕は言うほど不幸ではなかったです

 

人は口に出さないだけでそれぞれの

 

神様から与えて頂いて試練を持っています

 

【普通の人生】も

 

【平凡な人生】も

 

この世には存在しません

 

みんなそれぞれに不幸でそれぞれに幸せなんです

 

 

 

大人になった今ならばあの時の経験が

 

今の僕に辿り着くために必須条件だったと確信があるし

 

最近はやっと自分のことを好きになることが出来ました

 

 

 

この歳になって思うのは

 

逆に起伏の乏しい普通の人生なんて

 

誰かに感動も与えられないし、

 

誰かを導く勇気も与えられない、

 

子供に背中を見せられない、

 

そんな人生にならなくて本当に良かったと思います

 

 

辛いことも幸せなことも

 

チャンスは平等なのが人生かなって、今は思ってますよ

 

応援しています

子供が楽しく成長する方法&人生のカンニング

「怒って成長するならいくらでも怒ってあげるよ

 

でもそれで伸びるならいいけど

 

伸びるどころかやる気なくなるよね?

 

そんな意味のないことはオレはしない』

 

僕にスノーボードを教えてくれた先生の言葉です

 

 

スノボって、正直それなりに滑れるようになるまで

 

最初の練習が凄く地味なんですよ

 

運動音痴の僕は滑れるようになれる自信なんてなかったし

 

滑れるようになるまで普通の人の3倍くらい時間がかかりました

 

そんな中でも今くらいまで滑れるようになったのは

 

間違いなくこの先生が居てくれたからです

 

 

先生は僕が練習している時に

 

ずっとついて丁寧に教えてくれました

 

せっかくスキー場に来て自分も滑りたいはずなのに

 

文句は一切言わずに指導してくれました

 

 

 

僕たちは人に何かを教える時に

 

自分が”出来ている”ことを”出来ていない”人に教えるので

 

なかなか上手く伝わらない時についついキツくしてしまいます

 

でも、僕はそんな時はこの先生の言葉を思い出すようにしています

 

誰かを指導するときも相手の気持ちになって、ですね

 

 

 

そろそろスノーボードのシーズンですね

 

久し振りに先生に会いに山形のスキー場に行こうかな

 

そういえば、指導が終わった時に言われたんでした

 

「これからは先生と生徒じゃなくて、スノボ仲間だからね」

 

 

************************************************

 

「大人になったらテストはカンニングして良いんだよ」

 

昔あるセミナー講師が言っていた言葉です

 

ビジネスで成功するためにカンニングして良いんだと

 

そのときに僕は学びました

 

 

僕は欲しい能力や技術がある時は

 

それを実際に習得している人に教えて貰うことにしています

 

僕は人生でやりたい事や叶えたい夢がたくさんあるので

 

短期間で成功したりすぐに結果が欲しいのです

 

好きでいくらやり込んでも楽しい分野であれば

 

自己流の世界で研究に打ち込むのも楽しそうですが

 

僕自身は夢実現をしたいだけで勉強自体は好きではないので

 

教えて貰って素早く解決する方が気持ちも楽です

 

 

 

例えば、ここ最近は僕の投稿が急に読みやすくなったと

 

色んな人に言われますが、

 

これはなんてことはない、この前教えて貰った

 

文章術のフォーマットに合わせて書いているだけの話なんです

 

ちなみに僕の動画が早口でも割と聴きやすいのは

 

プロのアナウンサーに教えて貰った話し方を導入したからですし

 

心に響く話し方はテレビ通販で成功している人に教えて貰いました

 

 

 

今、抱えている問題がなかなか解決できないのなら

 

もしかしたら答えを知っている人に聞いた方が

 

意外と簡単に解決してしまうかもしれません

 

 

応援しています